作業の流れ

  1. お客様よりご連絡受付

    お客様よりご連絡受付

    電話又はお問い合わせフォームよりご連絡を受け付けております。
    (質問やご相談、お気軽にご連絡ください!)

    ※誠に勝手ながら、ご予約は、電話連絡のお客様を優先させて頂いております。
    ※代車が必要な方は、日程の打ち合わせ時に合わせてご予約ください。

  2. お車お預かり、全体のチェック

    お車の引き取り納車も行います。ご相談ください!

  3. 車内エアブロー

    車内エアブロー

    バキューム(掃除機)では、取りきれない室内細部の埃などを、
    高圧エアーによって取り除きます。

  4. 洗車

    タイヤ、タイヤハウス、ホイールを 専用クリーナー、馬毛ブラシスポンジで丁寧に洗浄します。ボディは泡立ちの良いクリーミー な泡で細部まで丁寧に屋内で手洗い洗車します。

  5. 表面洗浄

    表面洗浄

    塗装表面の鉄粉や塗装ミストなどのザラツキを手の感触と目視で確認しながら、1粒も残さぬようにセラミック粘土で丁寧に除去していきます。

  6. 水分の拭きあげ、乾燥

    水分の拭きあげ、乾燥

    ボディーの水分を専用クロスで拭きあげ後、各部隙間からの水が出てこないように全ての隙間をエアブローしてボディー全体を乾燥させます。

  7. 各部マスキング処理

    各部マスキング処理

    熱や摩擦に弱い部分をマスキングテープで保護します。

  8. 塗装表面研磨(超鏡面処理)

    塗装表面研磨

    バフ、コンパウンド、ポリッシャーの組み合わせを変えて、最大で4工程にもなる仕上がりを左右するとても重要な工程なので時間を掛けて優しく、丁寧に、妥協なく作業を進めていきます。

  9. モールの隙間、エンブレムの隙間などを手作業により磨き上げます

    ポリッシャーでは磨けない細やかな部分も妥協なく手作業で磨きます。

  10. ドア、ヒンジ廻りのクリーニング

    ドア、ヒンジ廻りのクリーニング

    ボディーがキレイになってもドアを開けて汚れていてはガッカリですよね。お車のエントランス部分もクリーニングします。

  11. 塗装表面を脱脂してコーティング剤の受け入れ状態を整えます

    塗装表面を脱脂してコーティング剤の受け入れ状態を整えます

    表面研磨の工程で使用した、コンパウンドの油分を完全に取り除き、塗装表面に何も無い状態にしてコーティング剤の受け入れ状態を整えます。

  12. コーティング作業

    コーティング作業

    コーティング剤の塗布。
    コーティングの持続期間、皮膜の密度に差がでるとても重要な工程です。コーティングの種類により作業方法は異なりますが、ボディー全体に愛情を込めて1周塗布して、所定時間乾燥、再度1周塗布ー乾燥を3〜4回繰り返し、密度と膜厚ともに充分なコーティング皮膜を作り、最後にもう1周余剰成分を取る為の拭き上げ作業をします。

  13. タイヤや各種ゴム類をコート剤でツヤを与えます

    タイヤや各種ゴム類をコート剤でツヤを与えます

    黒い部分をより黒くすると車のイメージが引き締まります。

  14. ガラスのクリーニング

    ガラスのクリーニング

    ガラスの外側、内側を専用液剤でクリーニングすると
    透明感が違います。

  15. 車内バキュームクリーニング

    車内バキュームクリーニング

    外装がキレイになっても内装が汚れていては・・・
    全体のバランスを大切にします!

  16. 全体最終チェック

    全体最終チェック

    ひとつ、ひとつの工程が確実に出来ているか、
    お客様にお渡しする前の最後の確認です。

  17. 納車

    納車

    お客様にお車を確認して頂き、
    ご満足して頂ければ作業終了です。